yosemite's blog

About technology, books, diary

AWS の基礎をまず理解しよう

はじめに

amazon web service
amazon web service

AWS の認定資格の参考書をぱらぱらと読んでいると、初めの方に基本的なことが載っている。
基本的な部分だけど、ここを理解しておかないとダメだと思ったので知識の定着のためにもまとめてみた。

AWS Well-Architeched フレームワーク

Well-Architeched フレームワーク is なに?

AWS Well-Architected フレームワーク(以下W-A)は、AWSのソリューションアーキテクト(SA)が、AWSのサービス開始から10年以上に渡り、様々な業種業界、数多くのお客様のアーキテクチャ設計および検証をお手伝いしてきた経験から作成したクラウド活用のベストプラクティス集です。具体的には「運用の優秀性」「セキュリティ」「可用性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの観点について、クラウドをより活用するための設計原則と、お客様システムがベストプラクティスに沿っているかを確認するための質問と回答で構成されています。

www.slideshare.net

W-A フレームワークの構成

これらを満たすことで安全かつ高パフォーマンスで、耐障害性を備えた、効率的なインフラストラクチャを実現できるものになっている。

  • 5 つの柱
    • 運用上の優位性
    • セキュリティ
    • 信頼性
    • パフォーマンス効率
    • コスト最適化
  • チェックリスト(確認質問集)
    • クラウド活用時の設計原則及び、AWS 上で構築するシステムがベストプラクティスに沿っているかを確認

AWSインフラストラクチャの概要

リージョンとアペイラビリティーゾン

AWS のサービスは世界各地のロケーションでホスティングされている。これらのロケーションは、リージョンアペイラビリティーゾン(以下 AZ )で構成されている。
下記の画像のようなイメージ。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/images/aws_regions.png

リージョン

1 つのリージョンは複数の AZ から構成され、それぞれが地理的に離れた場所に存在していて完全に独立している。
他のリージョンと完全に分離されるように設計されており、最大限の耐障害性と安定性が達成されると言える。

AZ

リージョンを小さく分割した区分で、1 つ以上の複数のデータセンターの集合体を示す。
各 AZ は、冗長化された高速なネットワークで接続され地理・電源・ネットワークが独立した施設で構成されているため、災害発生時に 1 つの AZ が障害状態に陥ったとしても、他に AZ に切り抱えることでシステムを継続的に利用することができる。

おわりに

今回は本当に基礎の基礎的な内容になって申し訳ないので、次はもう少し濃い内容にしていきたい。
また、W-A については、こうやって設計するんだよ!って AWS 側が提示してくれているので利用するに越したことはないと思った。

最後まで見てくださりありがとうございました。

それじゃまた🙋‍♂️